札幌 時短 営業。 札幌の飲食店 時短要請は終了へ|NHK 北海道のニュース

営業 札幌 時短

🙏 いずれもコロナ対策の「集中対策期間」の来年1月15日まで行う。 11月11日(水曜日)から11月27日(金曜日)までの全ての期間において要請に応じること• 昨年10月末に始まった対策期間の延長は5度目となり、さらに約3週間続く。 札幌市内の接待飲食店に休業要請 12月10日 集中対策期間を延長(~1月15日) 24日 札幌市内の接待飲食店への休業要請を時短に切り替え。

営業 札幌 時短

💅 その上で来月以降、春の人事異動や入社・入学に伴い、人の移動が活発になることが見込まれるとした上で、「人の移動に伴う感染の再拡大やリバウンドも念頭に置く必要があり、ワクチン接種の体制整備を進めながら、この局面で徹底的に感染を抑え込んでいきたい」と述べ、感染対策の徹底に協力を求めました。 対象は飲食店、カラオケ店、料理店、食堂など。

16
営業 札幌 時短

😂 札幌市内全域の飲食店に時短要請(~2月28日) 道などの新たな対策 【道内全域】 ・「集中対策期間」を政府の緊急事態宣言(現在は3月7日まで)に合わせて延長 ・首都圏など緊急事態宣言の対象地域との往来を自粛 ・札幌、小樽市との不要不急の往来を自粛(2月28日まで) ・今後、全道の飲食関連事業者への道独自の支援策を検討 【札幌市】 ・感染リスクを回避できない場合は不要不急の外出を自粛(2月28日まで) ・市内全域の飲食店に午後10時までの時短営業を要請(2月28日まで)。

2
営業 札幌 時短

🤪 接待を伴う飲食店についても、時短要請を継続する見通しです。 だが道は解除に消極的だった。

営業 札幌 時短

👌 一方、札幌市と小樽市で感染のリスクを避ける対策がとれない場合に不要不急の外出や行き来を控えるよう求めている要請は、感染状況などを踏まえ慎重に取り扱いを判断することにしています。 ただ時短要請は2月28日までの13日間とし、市内の感染状況に応じて解除を早める。

営業 札幌 時短

🤔 札幌市の秋元克広市長も「大変厳しい感染拡大局面に入った。 道は13日の対策本部会議で一連の方針を正式決定し、鈴木直道知事が記者会見で説明する。