薬屋 の ひとりごと な ろう。 薬屋のひとりごと。

の ろう な 薬屋 ひとりごと

😍 花街 [ ] 梅梅(メイメイ) 「一晩の酌で一月の銀がとぶ」といわれる最高級妓楼「緑青館」でトップ3を務める三姫のひとり。

の ろう な 薬屋 ひとりごと

🎇 無理に食べさせることが命に係わるという事実を知らされた毒見役の侍女は心を入れ替えて里樹妃に仕えるようになり、侍女頭に昇進している。 「月刊ビッグガンガン版」がおすすめ! どちらも甲乙つけがたく、最終的には個人の好みかと思いますが、薬屋のひとりごとを初めて読む方には、 月刊ビッグガンガン版のコミカライズがオススメです。

16
の ろう な 薬屋 ひとりごと

🚒 もっとも早く男子が生まれた妃は、一般的にになる。

20
の ろう な 薬屋 ひとりごと

🌏 ぜひ読んでみてください。 そして、後宮を取り巻く事件を解決するにつれて、 猫猫と壬氏の関係も変化していく。 趙迂(チョウウ) 子一族の生き残りの少年だが、毒を煽った後遺症で記憶を無くし半身に麻痺が残る。

の ろう な 薬屋 ひとりごと

📞 薬屋のひとりごと2巻では、 水晶宮に派遣されたものの梨花妃の診察をさせてもらえない猫猫を、 うまいことサポートしていました。

の ろう な 薬屋 ひとりごと

🤝 子翠(シスイ) 楼蘭妃付の侍女。

12
の ろう な 薬屋 ひとりごと

👋 一児の母。 漫画や書籍の作者様の思考などとは一切関係がありません。

の ろう な 薬屋 ひとりごと

😜 昔は売れっ子妓女だったらしい。

3
の ろう な 薬屋 ひとりごと

😊 ある事件をきっかけに猫猫とも打ち解け、燕燕と三人で食事をしたり買い物にも出かけている。 ……そうしたくなる作品です。

8