ヒーロー ファインズ ティフィン。 トム・リドル (とむりどる)とは【ピクシブ百科事典】

ファインズ ティフィン ヒーロー

😜 在学中、リドルは純血主義にのめり込むと同時に自らの出生を探し当て、父がマグル、母がホグワーツ創設者サラザール・スリザリンの末裔であることを突き止める。 " を「ヴォルデモートは海外だ!」と翻訳するミスが発生している。

18
ファインズ ティフィン ヒーロー

😝 1943年6月13日、に罪を着せて退学に追い込み、自身は犯人を捕らえたとしてホグワーツ特別功労賞を授与された。 その後、マルフォイ邸で繰り広げられたハリーたちと死喰い人との戦闘において、ドラコがハリーに武装解除されたため、ヴォルデモートとハリーが対峙した時点で「杖」の忠誠心はハリーに移動していた。 ヴォルデモートはその要件を満たす「ニワトコの杖」で、分霊箱のひとつであるハリーに対して「死の呪い」を用いるが、上記の理由でハリーを殺害することはできず、ハリーに残っていたヴォルデモートの魂だけが破壊される結果となる。

1
ファインズ ティフィン ヒーロー

✆ ついで、ホグワーツ側の大増援が到着し、混戦の中で主要な部下をすべて失い、ついにハリーと対峙することとなる。

ファインズ ティフィン ヒーロー

😩 75rem;line-height:1;letter-spacing:. 人間関係 [ ] 父はの、母は「」の魔女。 自身が魔法使いである理由について、このときは父の才能を受け継いだものと考え、「死に屈した」母は普通の人間(マグル)であると思っていた。 在学中の経歴にふさわしくないとして周囲を驚かせたが、彼自身は「将来特別になる自分に相応しい、伝統と由緒ある魔法具の探索と入手」を目的としていた。

17
ファインズ ティフィン ヒーロー

☕ 青緑色のティールラッカーに彩られたそのスレンダーなフォルムは、フェラガモマンの暮らす都会の景色を思わせます。

ファインズ ティフィン ヒーロー

♻ 英国魔法界の人々はヴォルデモートを恐れ、その名を口にするのを避けるようになる。 2021-02-15 23:04:11• ハリー・スタイルズをモデルにした男性を演じるのは、ヒーロー・ファインズ=ティフィン。 イギリス魔法界で広く恐れられる、闇の。

16
ファインズ ティフィン ヒーロー

✋ 出典 [ ]. 卒業後の進路として「」の教授に志願した。

ファインズ ティフィン ヒーロー

😋 - ゲーム『秘密の部屋』• 」 「汚らわしいマグルの父親の名前を、僕がいつまでも使うと思うか?母方の血筋にその人の血が流れているこの僕が?汚らしい、俗なマグルの名前を、僕が生まれる前に、母が魔女だというだけで捨てたやつの名前を、僕がそのまま使うと思うか?」 「ハリー、ノーだ。 2021-02-14 18:00:00• この事件で魔法界はヴォルデモートが「消滅」したと考え、早朝から祭り騒ぎとなり、ハリーの名はとして広まった。 『秘密の部屋』を探し当てたリドルは、5年次(1943年)に密かに『部屋』を開いてを解放し、生のを殺害した。

11
ファインズ ティフィン ヒーロー

🙌 相手の記憶を完璧に改ざんすることができ、ホグワーツの学生時代からすでに完全犯罪を成し遂げていた。 映画版ではを模した「」や、エネルギーを集約し強烈な衝撃波を発生させるといった、原作では使わない大技が表現されている。

1