ご 足労 意味。 「ご足労いただき」【意味・使い方・例文・類語】目上の人には使える?|語彙力.com

意味 ご 足労

🤑 なぜかというと、タイミングによっては大げさ過ぎる表現になるからです。 研修担当者からマナーについて:来訪が当たり前な場面でも「ご足労」を使うべき 「ご足労」という敬語は基本的には自分が訪問すべきところ、相手に来訪していただいた場合に使う言葉です。

10
意味 ご 足労

🤙 例えば、「〇月〇日〇時に、弊社までいらしていただけませんか?」というような使い方をします。

2
意味 ご 足労

☏ ですので、御足労と同じ意味で使うときには、「わざわざこちらまで足を運んで頂き、お手数かけました。 ご多忙の中、皆様には「ご足労いただき」たいへん感謝致しております。 「わざわざ足を運ぶ」という意味を持つ「ご足労」を、相手に「してほしい」と期待するような使い方は、失礼な印象を与えます。

7
意味 ご 足労

☢ また、最後に「ご足労いただきまして、ありがとうございました」と使うのもいいでしょう。 」というような使い方をします。 足を運んでもらうことが決定しているうえで、「ご足労をおかけして申し訳ございませんがよろしくお願い致します」といったような使い方をします。

3
意味 ご 足労

♨ 1:お手数 「おてすう」とも「おてかず」とも読む言葉です。 この「お手数」は「ご足労」と異なり、社内の上司にも使用することができますよ。

意味 ご 足労

👇 「ご足労(御足労)」という言葉は、様々なシーンで使用する機会が多い敬語のひとつです。 お手数という言葉は辞書では「手数」という項目に記載されていることが多い言葉です。 また、類語や英語表現も紹介します。

3