箱根 駅伝 シューズ。 シューズで見る箱根駅伝 青学大の選手たちがアディダスからナイキに履きかえた驚き

駅伝 シューズ 箱根

📲 写真:ズームフライ フライニット さて、EKIDEN PACKカラーでは、「ヴェイパーフライ4%フライニット」、「ズームフライ フライニット」はまったく同じカラーで発売され、どちらもフライニットアッパーでなかなか簡単には見分けがつかない。 ナイキのズームシリーズの中のひとつです。

4
駅伝 シューズ 箱根

✆ しかし、 色違いかピンクのシューズを採用していくかは、 非常に重要なポイントになることは明白であり、今後もキーになるでしょう。

5
駅伝 シューズ 箱根

🖖 嶋津選手が履いていたランニングシューズは 「WAVE DUEL NEO(ウェーブデュエルネオ)」として製品化。 箱根駅伝の選手の足元を見ると、殆んどの選手がNIKEの厚底シューズ、ヴェイパーフライを履いてる。

駅伝 シューズ 箱根

🤔 ただし、ナイキ以外のメーカーも似たコンセプトに独自の味付けをして新しいランニングシューズを開発してきましたので、ナイキ一辺倒にはならないと思います。 今年はナイキが席巻すると予想しましたが、まさかここまでとは……。

駅伝 シューズ 箱根

👋 カーボンファイバープレートによる推進力を得られ、 足への負担が少ないとされるのがナイキの同シューズです。

4
駅伝 シューズ 箱根

🖕 それは、ある種の快感になるであろう。 それは言うまでもなくヴェイパーフライ4%の登場によるものであるが、日本の学生駅伝においては、 アシックス、ミズノがこれまでの2トップとされてきた。 ナイキのクッション素材でこのプレートを挟み込むことで、足を前に押し出す感覚を生み出し、走りにスピードを加えるという。

6