アロサウルス。 アロサウルス

アロサウルス

✍ おそらく、大きく開いた顎を手斧のように振り下ろして獲物を仕留めていたと考えられている。 Stokes から紹介されている が、大規模な発掘作業が開始されるのは1960年になってからである。 同時期にに棲息したとは近縁であったと見られている。

1
アロサウルス

☢ 肉食恐竜としてはと共に恐竜研究の興隆期からよく知られたものの1つであり、を専業とする人々以外にもやを通して有名な存在である。 全長13mで最大級の肉食恐竜で、名前の通りサメのようなギザギザの歯を持っており、肉を引き裂き失血死させることに向いた形をしています。 この恐竜は先ほど紹介したアロサウルスと極めて近縁な恐竜であるため、アロサウルスと同種ではないかといわれていましたが、血道弓(けつどうきゅう)にわずかな違いがみられることから現在は別種だといわれています。

18
アロサウルス

⚡ 名称の重複を正すことに最も影響のあった研究は1920年にチャールズ・W・ギルモアが行ったものであった。 あなたがコントロールしている緑の呪文は打ち消されない。

13
アロサウルス

☝ この中でフラギリスは発掘数が最も多く(最低60個体)、研究も進んでいる。

13
アロサウルス

😅 6位:マプサウルス 6位はマプサウルスです。

20
アロサウルス

❤ 21世紀初頭の通説を基にした上科から属までの分類のまとめ アロサウルスと同属か近縁属のサウロファガナクスの骨格(右はアパトサウルス) アロサウルス上科 アロサウルス科 アロサウルス属 サウロファガナクス属 エパンテリアス属? かつてアロサウルス科はティラノサウルス科の先祖的タクソン()に位置すると考えられたことがあり、1980年代にはグレゴリー・S・ポールが著作中でそのような主張を行っている。

6
アロサウルス

😀 この恐竜は化石が未成熟の状態のものしか見つかっていません。 のち、2015年7月の地球館展示リニューアルに伴って1階に常設展示が始まった。 (同種という説もあります) またティラノサウルスに羽毛があったと考えられていることから、このタルボサウルスにも羽毛があった可能性があります。

5